加圧トレーニングとは

加圧トレーニング写真
加圧トレーニングとは、腕と脚の付け根にベルトを巻いて血流を制限した状態で行う筋力トレーニングです。
この状態でトレーニングをすると軽い負荷でも大きな負荷をかけたときと同じ効果が得られ、身体が強いトレーニングを行ったときと同じ状態にないます。
すると「成長ホルモン」の分泌量が増えます。この「成長ホルモン」は体を作る、脂肪燃焼、美肌を作るなどの働きがあり、美容や健康増進に欠かせないものです。 また、加圧トレーニング後は血行が良くなり、冷え症、むくみ、肩こりの改善などの効果も期待できます。

加圧トレーニング5大効果

効果1 ダイエット

加圧トレーニングを行うと増大する成長ホルモンによって、太りにくいから体になります。また、トレーニングによって筋肉が増えると、脂肪が燃焼しやすい体になります。

効果2 血行促進

加圧と除圧を繰り返すことで、血管に弾力がよみがえります。血行がよくなり、血流量も多くなるので、新陳代謝が活発になります。冷え症や肩こりなどの不調が改善します。

効果3 回復力アップ

加圧トレーニングをすると骨折や肉離れ、ねんざなどのケガの回復が早くなるという研究データがあります。成長ホルモンによって、筋肉や人体の修復が早まると考えられています。

効果4 筋力アップ

軽い負荷で高い効果が得られるので、トレーニングを続けやすいのが特徴です。さらにケガなどもしにくいので、老若男女だれでも実践できます。

効果5 若返り・美肌

加圧トレーニングをすると通常の約290倍もの成長ホルモンが分泌されたという研究結果が出ています。成長ホルモンは、肌のハリやツヤを取り戻し、脂肪のつきにくい体にしてくれます。